求められる経験は企業によって様々

IT関連の求人情報を見ていると経験者優遇、といった記載を見かけることがあります。

IT業界で働いた経験のない人の多くは、この「経験者」という言葉に臆して応募を諦めてしまう人もいます。

確かに、求人の中にはIT企業での勤務経験など、専門的な技術や知識を必要とするような募集もないわけではありませんが、この経験が簡単なパソコン操作をさすような場合もあるので、気になる求人であればまず詳細を問い合せてみましょう。

IT業界での仕事の経験が、実際の就職活動に役立つことも少なくありません。

経験を活かしてそのままIT業界、もしくはアルバイトしていた企業に就職するという話も珍しくないのです。

また、アルバイトとして勤務することが経験となり、より条件の厳しい企業への就職のためのステップとなります。

最初は誰もが未経験者です。

企業が求める「経験」がどんな経験を指すのか、まずはしっかり確認してみることが大切です。

確認する前から諦めてしまっては、どんな仕事も手にすることはできません。

IT系の就職に特化した求人サイトや、派遣会社に登録をして自分にあった仕事を探してみることからはじめてみてはいかがですか?

無料で登録できたり、キャリアカウンセリングを受けることができるサイトもあるので、こうしたサイトを活用するのもひとつの方法です。

まずは登録して、あなたにあった仕事がどんなものなのか検討してみませんか?

ちなみに、私の友人は元々、ITの企業で働いていたのですが、自分に挑戦してみたい!と独立しました。しかし、独立して以降自分が望む案件になかなか恵まれなかったそうなのですが、その際に就職支援サイトに登録して、ネットワークエンジニアのフリーランス案件を紹介してもらったそうです。

そのあとは、経験やコネなどが積み重なり、現在もフリーで大活躍中ですよ。何がきっかけになるか分かりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です